心理セラピストの心得ーカウンセラーの手柄になってしまった時

重い症状を持っているクライアントさんが一気に楽になったとき、カウンセラーがすごいということになりがちです。

カウンセラーもその思い(私がすごい)を気付かず握りしめ続けていると、クライアントさん(未来のクライアントさん含む)もこの人にどうにかしてもらおう、という不自然な共依存の関係を生みがちです。

周囲から褒め言葉をもらったとき、自分自身がどれだけその言葉を欲しかったか、というのを意識する必要があります。

自分の満足のために、クライアントさんを使わないように、自分自身の人生、心を、自分が、どんな風に満足させるか、ずっと意識していく必要があると思います。

私がすごいんです、がウラに隠れている時、私を見て!という心の声が聞こえませんか?

その子のケアはきっとすごく大事ですよねshine

心理カウンセラー・セラピストになりたい

投稿者: apwcounseling

心理カウンセラー/ユング派プロセスワークプラクティショナー  トラウマや過去の傷をセラピーで癒しながら自分の力強いプロセスを発見し、育てる未来型サポートを得意としています。あなたの道ーtaoが見つかりますように。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。