エンパスや繊細な方の悩みの3パターン

donkycouple

エンパス(共感力の高い人)・繊細な人のお悩みを細かく見るともっとありそうですが、代表的なパターンを3つご紹介します。

パターン1 やる気がおきない、理由は分からないけど精神的に疲れてしまっている

パターン2 人と関わるとどっと疲れてしまうので一人になりたい

パターン3 家族からいつも干渉されて困っているがどう関われば良いか分からない

パターン1は、頑張りすぎて、周囲の人を優先しすぎて、身体が疲れてしまっている状態です。うつ状態になる人もこういった形で、無理をしている自分に気づけず、身体がSOSを出します。まずは本当にゆっくりして身体をいたわることが大事なのですが、その『自分の身体をいたわる』ということも罪悪感が湧いてしまってなかなかできない方が多いのです。

つい他者を優先する人というのは、他者を大事にしている人です。自分をいたわるという行為は、自分を優先するということでもありますので、それはなかなかできないのですね。カウンセラー側としては、まずはクライアントさんには罪悪感なく自分自身を大事にできるようサポートします。(結構時間がかかりますが)

そして、精神的に疲れてしまっているという理由は必ずありますので、それを丁寧に探してみたり、ちょっとした状況の中で自分がどういう状態でおれたらストレスがないか、ということも探っていきます。

パターン2 人と関わるとどっと疲れてしまうので一人になりたい という人は、『人との関わりで自分が疲れる』というところまでは意識できている方です。エンパスの悩みとしてはとても多いパターンと言えるでしょう。人の気持ちが分かってしまう共感力の高いエンパスは、共感力の高さゆえに相手の望みを受け取り、相手が喜ぶようなことを(意識的or無意識的に)してしまうことが多いのです。

まず最初に相手の感情を受け取って自分自身の心が情緒的にかなり揺れている(不満、悲しみ、怒り、やさぐれ、など)ため、何かやってあげたい、と思う気持ちが強く喚起されて相手のために良かれと思ったことを行ってしまいます。これは言わば他者のために行動しているようなものなので、いつの間にか疲れをためてしまい、気が付けば一人になるとホッとする、落ち着く、という状態になるのです。

パターン3 家族からいつも干渉されて困っているがどう関われば良いか分からない という人は、幼少期からずっと家族のメンバーの過干渉の中で過ごしてきており、長きにわたるマインドコントロールを受けている可能性もあります。その家族の中で、徐々に、もしくは何かをきっかけにもっと自分らしく自由に生きたいとか、自分のことを家族にちゃんと認めてもらいたいとか、家族から離れたいと思うようになります。エンパスでなくても、こういう状態になっている方はいらっしゃるでしょう。

パターン2も3も、共通しているのは、今までの自分と他者との関わりの形や、家族との関わりの形がパターン化しているため、新しい関わりをすることや、自分の本当の気持ちを感じてみることや、その気持ちなどをうまく伝えるというコミュニケーションに至るまでがとても困難なことです。自分なりにトライしたとしても、うまくいかない体験を重ねて無力感を感じてしまっていることが多いでしょう。

又、相手から、こういう行動を取らされている、と少し恨みに感じていることもあるため、その思いが人間関係をより難しくしている可能性もあります。

特にエンパスや繊細な方にとって、心理カウンセリングを受けることはとても大きな癒しになると感じています。なぜならば、カウンセリング自体がクライアント主体で、クライアントさんの心を丁寧に見ていくため、『つい他者を優先し続けている方』にとって自分自身のことを中心に、大事に見てもらえる時間を体験することがとても貴重であるからです。

又、この状態自体が自分自身が長い間望んでいたことでもあると気づくでしょう。(そこにはもちろんお約束の罪悪感がついてきますので、こんなに話を聞いてもらって良いのかなぁ、などという気持ちも起こってきてしまいますが。汗)
しかしこの体験を持ち続けてカウンセラーのサポートを得ることで、自分は大事にされる価値があると感じることができたり、自分の本当の気持ちが見えてきたりするのです。

エンパスや繊細な方というのは人や物やグループの持つ『エネルギー』に敏感なので、本当の自分を見失う状態が作られやすくなります。私はどこ?私は?をしっかり気づくことはとても大事ですし、誰がなんと言おうとそれはちっとも悪いことではないのです。

それは声を大にして言っておきたいですね。

counselor

 

7周年記念キャンペーンのお知らせ2017年7月・8月

flowerbuds

おかげさまで、7月を持ちましてカウンセリングルームA Path in the Woodsが7周年を迎えます。つきましては7月~8月末までの期間中、以下のキャンペーンを実施いたします!
7周年ということで、今年は盛りだくさんに提供させて頂きますのでぜひ、ご利用ください!

★エナジーバランスセラピー90分(カウンセリング約60分+ヒーリング)15,000円お選びの方にフラワーエッセンス1ボトル(通常価格3,000円)プレゼント

★★エナジーバランスセラピー90分の10回チケット135,000円(一年間有効)を期間中お求めの方にフラワーエッセンスを5回分プレゼント

セッション内容にそったフラワーレメディのミックスボトルをお作りします。日々摂ることで、クライアントさまの日常のプロセスを優しくサポートします。

★ソウルクリアリングセラピー110分(カウンセリング80分+ヒーリング+フラワーエッセンス付)20,000円 → 特別キャンペーン価格 18,000円

★★ソウルクリアリングセラピー110分の10回チケット170,000円(一年間有効)を期間中お求めの方は 特別キャンペーン価格 150,000円

心とエネルギーボディのケア、日常の感情サポート、トータルでたっぷり癒されたいあなたにおすすめです。

★★★ドリームセラピー60分 10,000円 → 特別キャンペーン価格 5,000円

hitode夢は潜在意識からのメッセージの宝庫です。それを深く読み解くには夢占いの本だけではなく、あなたの心に尋ねることが大事です。
ワークを通じて印象に残る夢や、不可解な夢、夢のような出来事などからあなたに今必要なメッセージを受け取ることができます。
又人生で初めて見るイニシャルドリームや幼いころに繰り返し見ていた夢はあなたの人生において象徴的な意味を持っていたり、人生のテーマを示唆するものであったりします。

ドリームセラピーを通じて、あなたの大いなる存在からメッセージを受け取り、あなたの人生に生かしませんか?ぜひこの機会にご体験ください!

A Path in the Woodsカウンセリングルームでは、定期的な取り組みをおすすめしています。

時間はあなたの貴重な財産です。あなたが残りの人生をすこやかに、生き生きと、しなやかに過ごせるよう、又悩みから解放され、安心感を持って、自分らしく自分の求める人生を歩むためには、まず取り組むこと、そして定期的なセッションが変容を大きくサポートします。頻度に関しては話し合いながら決めていきますのでご安心ください。

✉ご予約・お問合せ

 

 

東京・プロセスワーク①セミナー2017年7月

東京★プロセスワーク①セミナー(APWカウンセラートレーニングコース)7月29日・30日

プロセスワークの良いところは、人の中に眠るまだ意識されていない素質やパワーなどを見つけエンパワーメントするところです。その人の無意識からのメッセージを読み解くために夢を扱い、身体症状も扱い、身体と心の統合を促すツールであること。又、クライアントのフィードバックを丁寧に見ることや、クライアントとセラピストの力関係に気づきを促すことで、クライアントを大切に扱うことを学ばせてくれる、とても気さくで公平でフレンドリーな特徴を持っています!

内容: 

プロセスワークの理論を踏まえ、クライアントの未来のサポートを学ぶ。 プロセスワークの構造・3つの現実レベル・チャンネル・基本姿勢 クライアントの短期・長期のプロセスを知る。 夢とボディワークの理解を深める。 フィードバックをキャッチするスキル、 フィードバックに合わせたカウンセリングを身に着ける。 知らないと気づかぬうちに暴君カウンセラーになってしまう・ずっともめ事が解決しない・人間関係の中でモヤモヤした腑に落ちない感を抱き続けてしまう、「ランクの概念」を学ぶ。 自分自身では気づけない自分と他者のランクを知るワーク

お薦めする対象者:

ユング派プロセスワーク(プロセス指向心理学)を学びたい方、

人の心理・心に興味のある方、 円滑な人間関係を持ちたい方、

面白いアプローチや理論を学びたい方、 クライアントをエンパワメントする手法を学びたい方、 クライアントの自己実現をサポートしたい方、 セラピストになりたい方、

セラピストとして力をつけたい方、

日時: 7月29日・30日 10:00~16:30

場所: サロン又は東京都内

料金: 一般26,000円/ プロセスワークを日本プロセスワークセンターのセミナーで学ばれたことのある方は18,000円/ 学生24,000円(学生はAPWカウンセラートレーニングコースに入られた方です。コースにご興味のある方はご連絡ください。詳細のPDFをお送りします)

セミナー開催のシェアや転送も歓迎いたします。

お申込み kopisusu2@hotmail.co.jp   初回の方は、お名前、ケータイ番号、メールアドレスをご連絡ください。事前ご入金となります。

ほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています)

大阪マインドスタディ&カウンセリング主訴とカスタマーサービスセミナー

大阪★7月1日・2日(土日)マインドスタディ(心の仕組みの基礎を学ぶ)セミナー

心の仕組みの基礎と言っても内容は濃いです。

こころの仕組み、クライアントの認知の仕方、悩みの原因、投影(転移・逆転移)を学びクライアントや他者理解、自己理解に役立てます。日本社会における機能不全家族や社会が抱える病理についても学び、クライアントの背景や家族構造を把握します。 上記の理論と共に多種のワークを実際に体験し、学びます。

内容:

心の仕組み、悩みの真の原因を学ぶ、 脳波と年齢の関係、 思い・信念はこうして作られる、 顕在意識と潜在意識の関係、 投影とカウンセリングの現場で起こる転移・逆転移

機能不全家族とAC(アダルトチルドレン)、 日本のDV(ドメスティックバイオレンス)と虐待、 共依存と共依存を生む社会、

カウンセラーがカウンセリングをするうえで準備しておくこと、 どのようなワーク(アプローチ)が私たち・クライアントに有効に働くのかを知る、 ありのままの自分を受け入れるワーク、 今ここを感じるワーク、 インナーチャイルドワーク、 心に眠る英知にアクセスする リアルマトリックスを体験する

お薦めする対象者:

人の心理・心に興味のある方、 円滑な人間関係を持ちたい方、

セラピストになりたい方、

セラピストとして力をつけたい方、

場所 大阪市内

日時 7月1・2日(土日)両日共10:00~16:30

料金 一般26,000円/ インテグレイテッド心理学基礎講座受講生18,000円/ コース学生24,000円(学生とはAPWカウンセラートレーニングコースに入られた方です。コースにご興味のある方はご連絡ください。詳細のPDFをお送りします)

 

大阪★7月8日(土)カウンセリング主訴とカスタマーサービス1dayセミナー(前回よりも更にパワーアップした内容をお伝えします!)

内容:

主訴と目的の違い、目的が取れない時のサポートの仕方、クライアントに納得してもらえるカスタマーサービスの在り方、枠組みと変容、境界線、器づくりの重要性を学びワークします。

主な項目:

カウンセリングの主訴とは何か、その先の基本となる重要な進め方を学ぶ。 良いセッションのために、カウンセラーが確認しておくべき点を学ぶ。 枠組みについてや、特定のセラピーのみでカウンセリングする時の注意点を学ぶ。 クライアントに満足してもらうためのカスタマーサービスとは。 実際のペアワークで、介入やアプローチを学ぶ。 セラピスト側のワークのテーマの見つけ方を知る。 ★カウンセラーそれぞれの個人の枠づくり・器を知るワーク。

期待できる効果:

カウンセリングにおける主訴の扱い方が理解できる。 クライアントに納得頂けるカウンセリングの進め方ができる。 短期・長期関わらず、クライアントとの信頼関係を築くことができる。 セラピスト側・クライアント側の体験を通じて学ぶので、自信を持ってカウンセリングができる。 カウンセラー側の抵抗を見つけることができる。 カウンセリングの進め方の基本を知ることで、円滑に、自信を持ってセッションができる。 ★カウンセラー自身のテーマや提供したいサービス、心地いい枠を作り、喜びをもって提供できる。 ★健全な枠組みを作ることでクライアントの変容を助けることができる。

お薦めする対象者:

心理カウンセラー、 個人開業の職種の方、 セラピストを目指してる方、 クライアントさんを増やしたいセラピスト、ボディワーカー、 使うセラピー手法を有効に使うためのカウンセリングの基本を知りたい方、 自信を持ってセッションしたい方、

参加者のご感想紹介

★とても貴重な情報がたっぷりつまった一日でした。カウンセラーやセラピストを目指す人が受けると、余分な回り道を大幅に減らしてくれることになるセミナーでした。出来れば数日に渡ってもっともっと詳しく教えてほしいくらいです。

★主訴と目的や、セラピーの枠組みも自覚し、きちんとクライアントに伝えることがどうして大切なのかよく分かった。質問はもちろん、~の場合はどうしていったらいいか、ということにも答えてもらえるのも有難い。

★実践的な講義で明日からでもすぐ使えそうなメソッドばかりでとてもよかったです。対面でのケースワーク/カウンセリングの基礎を改めて見直す事が出来ました。

場所 大阪市内

日時 2017年7月8日(土)10:00~17:00

料金 一般16,000円(再受講9,000円) コース学生12,000円(再受講8,000円)

★大阪出張カウンセリングセッション&ライブスーパービジョンの受付

カウンセリング60分 11,000円 80分14,000円

ヒーリング付きセッション90分 16,000円

ライブスーパービジョン60分 初回10,000円ークライアント役になっていただける方とお二人でセッションのトレーニングにご利用ください。

(部屋代込)

7月2日17:00以降  8日18:00以降

平日希望(7月4日~7日)はご連絡ください。

お申込み kopisusu2@hotmail.co.jp   初回の方は、お名前、ケータイ番号、メールアドレスをご連絡ください。事前ご入金となります。

無条件幸福のすすめと解離

kidsmile

みなさん、こんにちは。

シンプルな質問です。

幸せになりたいか、それともなりたくないか?

この単純な質問にもし~~だったら幸福、という条件が付きませんか?

答えはイエスかノーかのみです。

幸福に条件をつければ、あなたの幸福は『必ず』制限されます。

問題は何が起こっても幸せでいたいかどうかです。あなたの人生の目的は思い通りの人生を歩むことでなく、成功することでもなく、経験を楽しみ、それらから学ぶことだとしたら?

試しにやってみてください。

すべての出来事を通じて起こる感覚・感情をただ体験するということを。

コツはハートを開いておくことです。

いつかハートがちぎれんばかりに痛い時が来るでしょう。もちろんハートが大声で歌いだしたくなるような時も。

 

私たちが無意識に行う対処法とは

ハートがちぎれんばかりに苦しい時、そのいやな予兆を感じた時、既に私たちはその苦しさに向き合うか向き合わないかという選択を瞬時にして、基本的に向き合いません。

言い換えると、向き合わずに痛みを抑圧してしまいます。

それを繰り返すことで、抑圧されたものがたくさん心の潜在意識に貯蓄されてゆきます。子供の頃に親に罵倒されて悲しかった記憶、いじめに合って感じた孤独感、仕事場で受けた裏切りやパワハラを受けて辛かった気持ちなど未消化な負の感情がそこにあります。これがモヤモヤ感、ぱっとしない感じ、不満・不全感となっていきます。そして似たような出来事に出会うと、人によってはより過剰に反応する場合もあります。

自分のハートの痛みの原因を見ずに抑圧し続けると、その代わりに攻撃したい対象物が目の前に現れてくれるのでそれを攻撃するのが私たちです。一見楽ちんです。

例えば、高圧的な人、コントロールする人、裏切る人、電車の中でマナーの悪い人が許せなかったり、調子の良いことばかり言う人が苦手だったりと、苦手な人は人それぞれ異なります。

ですが、それを攻撃する(怒りを持つ・イライラする・嫉妬する・不安をもつ・不満をもつ)のも、実は余計なエネルギーを使っていることになります。解決させているようで、実は別の人間関係、体調不良etcといった大きな問題が生まれます。

そして、通常↑のようなイライラさせられたりする他者や人間関係の問題を持って私たちはカウンセラーの元を訪れます。

 

ハートに刺さった棘(とげ)

他者に怒りが湧いたりモヤモヤと否定的な思いが出てくる時、もしくはそのハートの痛みが痛すぎてつらい時

カウンセラーはハートの痛みの原因(あなたの胸に刺さった棘、時には矢のようなものかもしれません)を一緒に探して一緒にしっかりケアしながら抜くという作業を提案します。(意外と愛もたくさん・たまに魔法をかけることもありshine

その棘に人が触らないように、その棘に当たる心配がないように工夫するのではなく、

ここに棘が刺さっていてかなり痛そうですよと注目したりして、

その棘の傷の話をし、丁寧に一つずつ抜いていきます。棘があったんだと気づくことだけでも、少しずつハートが元気になっていきます。

さらに、今までその棘に触れないようにしてきた余計な工夫や苦労をする必要がなくなるので、エネルギーがどんどん軽くなって、人生の色々を乗りこなせる強さも必ず出てきます。

あらゆる出来事に向き合った時、条件を付けずに全身全霊で経験し、その場で起こる喜怒哀楽だけをシンプルにしっかり感じたとき、その後より楽に人生の波に乗れている自分を発見することでしょう。(ちなみに、毎回あなたの好きな波が来るという意味ではありません)

 

★でもあなたがハートの痛みの原因に全く触れられない時

そこには『解離』があります。

(解離が起きる人というのは私のクライアントさんにも多くいらっしゃいます)

その『解離』が起きていることに自分一人で気づくのはとても難しいのでカウンセラーと共に取り組むことは非常に重要になります。

カウンセラーとの対話の中でもなかなか悩みの真の原因にたどり着かなかったり、起こる混乱や怒り、まとまらなくなってきたりする時、そこ(痛み)に目を向けづらい状態が頻繁に起こってきます。

なかなか棘が見えてこない時、棘を見つけること自体に抵抗が出てしまう時、

その棘はあなたにとってとても特別な傷なんです。

そんな時は、目も向けられないほどの痛さを抱えて人生を送ってきた自分自身を思い切り称えましょう。

あなたはとても頑張ってきました。

あなたの特別な傷を守りながら、あつかえる問題(テーマ)から丁寧に時間をかけて見ていくと良いでしょう。

カウンセラーはサポーターであり、守り人でもあります。

クライアントさんがセッションの場でも『しっかり守られる』ことを大事にしています。

counselor

 

 

後悔しない人生のために私たちができること

fallleaf

遥洋子著 「死にゆく者の礼儀」より

死が怖い方へ、よく生きるために読んでもらいたい本ですが、抜粋してご紹介します。遥洋子さんの約10年に渡る両親への介護体験を含めた介護と死についての本です。

〇それぞれの環境が作る老いの姿

老いは、その人が作ってきた体と、作ってきた環境の、総決算だ。
家族がいようがいまいが、その人の歩みがすべて人生のラストで自分に跳ね返る。
私が哀れもうが哀れまいが、その人が作った体の責任をその人が背負っているのであり、その人が作り上げてきた人間関係が介護の姿を決める。

そこに映るものすべては、人生八十年をかけて、その人が作ってきた結果なのだ。その結果を私たちが勝手に、”老い”と呼ぶのである。

〇医師は神ではない

死の受容といい、大きい苦痛をもたらす処置の許可といい、あまりに責任重大な判断はそれをする人を怯えさせて、結果「私たちには分からないから医師にまかせる」という責任転嫁をしてしまう。怯える程に誰かを頼らずにはいられないのだ。

医師は治療のプロであって、「もうここまで」と寿命を決めるプロではない。医師にまかせるということは、とことん闘わせることを家族が選択している、ということに家族は気が付いていない。

〇好きに生きるための力

好きに生きるには力がいる。
まず人生を謳歌するのを邪魔しているものは何か、を分析することだ。
それは人か、経済力か、あるいは自分の思考。あるいは体力か。
それは解決できるものかどうかを検証することだ。解決できないものなら、妥協点を見いだせるかどうか。

人なら、その人はあなたの人生にとって絶対に必要なのかどうか。異なる関係性を築けるかどうか。
経済力なら、今からでも少しずつ収入を増やすために準備ができないか。
思考なら、いろんな物の考え方を読書等で知ることで自分の発想を変えられないかどうか。
体力なら、毎日少しでも身体を動かしたり、支えてくれる器具を工夫できないか。

〇”好き”は突然生まれない

辛抱とは、一見大変なことに聞こえるが、実は楽な事なのだ。なにもしなければいい。ただ辛抱すればいいのだから。
人生を好きに生きるのは、一見勝手気ままに聞こえるが、実は力がいることだ。なぜならそれは、好きに生きるのを阻害するひとつひとつの要因を発見しては解決していく、ということの連続なのだから。

最も楽な生き方は、なにも感じないようにし、人生はこんなもんだ、と諦めることだ。
傷つくことや怒りもなければ、そのかわり、喜びもない。
問題は若い時にはそれでもいいが、老いてもなおそう思えるかどうか、若い時には分からないということだ。
そして、私はそのことに歯ぎしりをしつつ死んでいった女性を知っている、ということだ。

〇おわりに

何を選ぼうが、どれをとってもそれぞれに悪い点といい点がある。
そういう意味では介護は常に不完全なのだ。
どちらになったからといって、嘆いたり、喜んだりするのではなく、どちらになったところで動揺しないほどの人生の納得をそれまでに築いてほしい。最終的には、それが物を言うのだから。

引用ここまで)

老いの最後に人生の不満だらけで過ごすことはせつないです。
人生後半戦が見えてきた方、人生後半に入ったかなと思われる方へ

確かに好きに生きるというのは一人で頑張ろうとすると大変です。想像以上のエネルギーがいります。

幸いなことに、カウンセリングは色んな目的に有効です。

悔いのない人生のためにやりたいことを探したり、
そこでつまづいてしまうパターンや感覚に働きかけたり、
家族との関係性をセラピストと一緒に見直したり、
すぐに諦めてしまう原因を探して行動につなげたり、
日々の不満の本当の原因を探して時にセラピーをしたり、
時に大きな罪悪感と対峙しなければならないかもしれません、

そういったことにセラピストと取り組むことで、徐々にあなたの日々が変化してゆき、より自分らしく悔いのない人生を築くことができます。

人生の納得、応援しています。

(以前書いたおまけの一日ブログ記事より編集しました)

counselor

shine

熟年離婚を防ぎ、幸せに生きる秘訣・精神的両性具有

「大人のための心理童話ー心の危機に処方する16の物語」について、

とても分かりやすく童話を解説されており、読みやすいのはアラン・B・チネンというユング派の精神分析医だからでしょう。

まず筆者は、おとぎ話を青年童話、中年童話、老年童話とカテゴライズしている。そしてその中で、めでたし、めでたしで終わったおとぎ話のその後の展開、すなわち王子様が禿げ、お姫様が中年女になるとどうなるかを描いたものを中年童話と呼んでいます。

上巻より(引用)

なぜ中年童話は男女の役割を逆転しようとするのか? カール・ユングはこう説明している。男たちが中年になると、伝統的に女性的関心や欲求と考えられているものと、取り組み始める。中年男性は、青年時代に夢中だった権力や地位を求める男性的闘争から抜け出し、人間関係や感情に戻ってくる。それは、たいていの男たちが、青年時代には女々しすぎると言って拒絶したものなのだ。

反対に、女たちは自己主張、自主性、冒険心といったものー典型的な男性的特質ーをとりもどす。ほとんどの社会が幼少から女の子たちに強制している従順で控えめな役、そこから女たちは脱するのだ。ユングの言葉を借りれば、人生の正午には「朝には大切にされていたすべての理想と価値が逆転」するのである。

(中略)彼女たちは装飾品よりは自立に、より強い関心を抱くようになるのだ。

精神的両性具有が中年期に増加し、結婚に満足している夫婦は、もっと若い人や不幸な夫婦ほど、昔ながらの性的役割を演じていないことを筆者は指摘する。

両性具有は、上手な加齢の秘訣であると。

面白いですね。長年生きてると固定した性、女性性や男性性に飽きてくる、というのもある気がします。

カウンセラーという援助する人も、そうなんですよね。

母的なものだけでなく、父的なものも必要なんです。

なにはともあれ、童話の世界面白いです。

shine

 A photo by Roberto Nickson. unsplash.com/photos/7BjmDICVloE

2017年5月プロセスワーク①セミナーのお知らせ

自分自身の・クライアントのまだ気づかれていない力を見出すワークなど、プロセス指向心理学を学びます!

<延期させて頂くこととなりました>★プロセスワーク①セミナー(APWカウンセラートレーニングコース)は5月20日・21日に大阪開催いたします。

内容: 

プロセスワークの理論を踏まえ、クライアントの未来のサポートを学ぶ。
クライアントの短期・長期のプロセスを知る。夢とボディワークの理解を深める。
フィードバックをキャッチするスキル、フィードバックに合わせたカウンセリングを身に着ける。
知らないと気づかぬうちに暴君カウンセラーになってしまう・ずっともめ事が解決しない・人間関係の中でモヤモヤした腑に落ちない感を抱き続けてしまう、「ランクの概念」を学ぶ。

日時: 5月20日・21日 10:00~16:30

場所: 大阪・阪神野田駅より5分

定員: 10名

料金: 一般26,000円 学生24,000円(学生はAPWカウンセラートレーニングコースに入られた方です。コースにご興味のある方はご連絡ください。)

心理学を学びたい方、

円滑な人間関係を持ちたい方、

セラピストになりたい方、

セッションでどうしたら良いか困ったことのある方、

セラピストとして力をつけたい方、

のお役にたてるセミナーです。

又、そんな方々に届くよう、セミナー開催のシェアや転送も歓迎いたします。

kopisusu2@hotmail.co.jp お問合せお待ちしています。

 

heartA Path in the Woods ほっとひと息お悩み相談 →

こちら (電話・スカイプセッションも行っています)

2017年5月の大阪マトリックス・リバーシングセミナーのお知らせ

★さて、大阪にてマトリックス・リバーシングのセミナーを開催いたします!前回予定が合わなかった方も是非ご参加ください。

Mombaby

過去の傷ついた場面を癒すマトリックス・リインプリンティングはEFTを使ったセラピーです。マトリックス・リバーシングはそこから派生したセラピーテクニックですが、比べるととてもスピリチュアルなセラピーです。記憶がないはずの、生まれる前や生まれた時、当時の家族関係にも優しくクリエイティブにアプローチするため、家系の癒し、トラウマの癒しにもなる、素敵なセラピーです!

JMET告知欄より、
リバーシングはバーストラウマを癒すためのテクニックです。

出産は、赤ちゃんにとってもママにとっても強烈な痛みが伴うトラウマ体験の1つ。
出生時に感じた不安や痛み、恐怖感が根深いビリーフとなり
その不安感が生きるベースになってしまうこともあります。

リバーシングでは十分に不安や恐怖を癒したあと、
リラックスした状態でこの世に誕生したイメージを強めていきます。

リバーシングは原因不明の不安などにとても効果的です。
自己信頼が増し、生きやすさへつながるセラピーです。

【参加要件】リバーシングはマトリックス・リインプリンティング受講済か、
ロンドンコースでマトリックス・リインプリンティングを学んだ方のみご参加可能です。

セミナーはJMET認定修了証付きです。
セミナーで学習した技術はセッションとしてお仕事にご活用いただけます。
(ワークショップを開くことはできませんのでご了承ください)

shine

開催日時 5月14日(日) 10:00~16:00

場所 大阪・阪神野田駅より5分

料金 12,000円

定員 10名

キャンセル規定
キャンセル待ちの方の参加が決まった場合のみキャンセルを承っております。
その際の、キャンセル手数料は2,000円です。

お問合せ・申し込みはkopisusu2@hotmail.co.jp まで

<受講されたマトリックスセミナーの受講日をお知らせください>

shineマトリックス・リバーシングの個人セッションも受け付けておりますshine

・5月14日セミナー後 17:00以降

→ セッションメニュー

→ マトリックス・リバーシング

 

プロセスワーク①セミナー(APWカウンセラートレーニングコース)は5月20日・21日に大阪開催いたします。

自分自身・クライアントのまだ気づかれていない力を見出すワークなど、プロセス指向心理学を学びます!

 

heartA Path in the Woods ほっとひと息お悩み相談 →

こちら (電話・スカイプセッションも行っています)

クリエイティブなセラピー (NEW ASISITANT)

newasist.jpg

先日友人からプレゼントして頂いた新しいアシスタントを紹介します。

その名も「恥ずかしいたけ」さんです。名前は私がつけたのではありません(笑)頂いた時から名前は決まっていました。

A Path in the Woodsのカウンセリングルームではアートやパペットを使ったりしてクリエイティブなセッションを行うことが多いです。クライアントさんの心の中でどんなことが起こっているのか、をパペットを使って丁寧に見ていったりします。

例えば、何か目標をたてて行動しよう、と前向きになっているときに、「そんなのうまくいくわけないよね」と語りかける存在がいたりするので、パペットを使って声をしっかり聴いてみたり、関わってみたりします。

又は、仕事場で関わるのが難しい上司をパペットに見立てて言葉を出してもらったり、ロールプレイングをしたりもします。

笑いながら、でも真剣に。気づきもたくさん、気持ちが変わったり、新たな目標が見えたりするのですよ。

ヒール役が少々少ないカウンセリングルームですが、

New Asistant 恥ずかしいたけさんの今後の活躍に期待です♡