スプリットしている私たち

前回の記事(身体と心の器について:セラピーの効果がない!という時、土台に目を向けよう)でスプリットについて少し触れました。直訳すると分裂です。
心理学にスプリッティングという言葉があり、自己愛性パーソナリティ障害や境界性パーソナリティ障害について語られることが多いですが、もう少し一般的にみなさんが体験するものとして、お話をさせてください。

スプリットとは、あまりに意識と無意識が矛盾している状態とも言えます。

〇言ってることと、やってることが違う(不誠実な人という場合もあります💦)

〇自分の気持ちの中で、~~したいのに出来ないことが多い

そんな時、スプリット(分裂)したもう一人の自分が残念ながら邪魔をしていることがあります。もう一人の自分は、別のことを求めているかもしれません。

又、こんなこともあるかもしれません。

〇キレてしまう。

〇取り組んでいる癒しが上手くいかない。

〇健康を害する。

〇気持ちがコロコロ変わる。(不安感が強かったり、浮き沈みの激しい人はそうなってしまう可能性もあります)

など。

 

スプリットの犠牲になるセラピスト

bearmikakushiスプリットしていることに、当人は気づけないことが多いです。カウンセリングの場では、癒しのリードをしているセラピストの邪魔(というと身も蓋もないですが)をすることもあります。

それを抵抗(防衛)と呼ぶのでは?と思った方がいるかもしれません。

そうですね、抵抗(防衛)とも言います。

自己ワークが足りてなかったり、知識や経験の浅いセラピストなら、『リードに従わない・話を変える・邪魔をするクライアントさん』に慌てたり、イラっとするかもしれません。

そして「それは抵抗ですね」と言うかもしれません。

そういう指摘もアリかもしれませんが、その方にはもう少し深いケアが必要だと思います。

なぜかというと、強くスプリットしている方というのは、結構つらいものを抱えているからです。

(ちなみに、あなたがセラピストで上記のような『イライラ体験』をしたら、次なる良いセッションのために、自己ワークすると良いでしょう。それが難しい場合はスーパービジョンを受けるのも一つです。)

 

早く楽になりたい私たち=本当は自分が嫌いな私たち?

人生を生きやすくするために、自分で過去の癒しに取り組んだり、セラピストの元へ通われたりする人は、もちろん、早く!楽になりたいわけです。

悲しみ・怒りなどの感情を抑圧している人は特に、自分と向き合う作業はとてもつらく感じるかもしれません。ささっと終わらせてなんなら料金も安く済ませたいわけです。

「お金がもったいない、あの服買いたいし、旅行も行きたいし、美味しいご飯食べたいし」
なわけです(笑)。

しかし、スプリットしている人は、癒しは進みずらく、ひどい場合はセラピストとのセッションをすっぽかすということも起こります。

 

こんなグループワーク的アプローチ

newasist

そこで、ロールプレイングやパペットのワークなんかがおススメです。面白いし、分かりやすいし、自分を含めて上から見る視点も養われます。

私も自分のスプリットしていたキャラクターと時々ワークしています♪

又私が学んだプロセス指向心理学(プロセスワーク)の話をしますが、すべての声を大事にする、という理念があります。

やさぐれな私も、ネガティブな私も、それはだめだろ~~っと批判する私も、とにかくみんなに気に入られたいのよっ!という私も、あいつ死ねばいいのにと思ってる私も、です。

そんな人たち大事にして良いの?!と思うかもしれません。

大事なんです。

そしてそこにすばらしいものが存在していたりするんですよ。

A Path in the Woods のアプローチ