エンパスや繊細な方の悩みの3パターン

donkycouple

エンパス(共感力の高い人)・繊細な人のお悩みを細かく見るともっとありそうですが、代表的なパターンを3つご紹介します。

パターン1 やる気がおきない、理由は分からないけど精神的に疲れてしまっている

パターン2 人と関わるとどっと疲れてしまうので一人になりたい

パターン3 家族からいつも干渉されて困っているがどう関われば良いか分からない

パターン1は、頑張りすぎて、周囲の人を優先しすぎて、身体が疲れてしまっている状態です。うつ状態になる人もこういった形で、無理をしている自分に気づけず、身体がSOSを出します。まずは本当にゆっくりして身体をいたわることが大事なのですが、その『自分の身体をいたわる』ということも罪悪感が湧いてしまってなかなかできない方が多いのです。

つい他者を優先する人というのは、他者を大事にしている人です。自分をいたわるという行為は、自分を優先するということでもありますので、それはなかなかできないのですね。カウンセラー側としては、まずはクライアントさんには罪悪感なく自分自身を大事にできるようサポートします。(結構時間がかかりますが)

そして、精神的に疲れてしまっているという理由は必ずありますので、それを丁寧に探してみたり、ちょっとした状況の中で自分がどういう状態でおれたらストレスがないか、ということも探っていきます。

パターン2 人と関わるとどっと疲れてしまうので一人になりたい という人は、『人との関わりで自分が疲れる』というところまでは意識できている方です。エンパスの悩みとしてはとても多いパターンと言えるでしょう。人の気持ちが分かってしまう共感力の高いエンパスは、共感力の高さゆえに相手の望みを受け取り、相手が喜ぶようなことを(意識的or無意識的に)してしまうことが多いのです。

まず最初に相手の感情を受け取って自分自身の心が情緒的にかなり揺れている(不満、悲しみ、怒り、やさぐれ、など)ため、何かやってあげたい、と思う気持ちが強く喚起されて相手のために良かれと思ったことを行ってしまいます。これは言わば他者のために行動しているようなものなので、いつの間にか疲れをためてしまい、気が付けば一人になるとホッとする、落ち着く、という状態になるのです。

パターン3 家族からいつも干渉されて困っているがどう関われば良いか分からない という人は、幼少期からずっと家族のメンバーの過干渉の中で過ごしてきており、長きにわたるマインドコントロールを受けている可能性もあります。その家族の中で、徐々に、もしくは何かをきっかけにもっと自分らしく自由に生きたいとか、自分のことを家族にちゃんと認めてもらいたいとか、家族から離れたいと思うようになります。エンパスでなくても、こういう状態になっている方はいらっしゃるでしょう。

パターン2も3も、共通しているのは、今までの自分と他者との関わりの形や、家族との関わりの形がパターン化しているため、新しい関わりをすることや、自分の本当の気持ちを感じてみることや、その気持ちなどをうまく伝えるというコミュニケーションに至るまでがとても困難なことです。自分なりにトライしたとしても、うまくいかない体験を重ねて無力感を感じてしまっていることが多いでしょう。

又、相手から、こういう行動を取らされている、と少し恨みに感じていることもあるため、その思いが人間関係をより難しくしている可能性もあります。

特にエンパスや繊細な方にとって、心理カウンセリングを受けることはとても大きな癒しになると感じています。なぜならば、カウンセリング自体がクライアント主体で、クライアントさんの心を丁寧に見ていくため、『つい他者を優先し続けている方』にとって自分自身のことを中心に、大事に見てもらえる時間を体験することがとても貴重であるからです。

又、この状態自体が自分自身が長い間望んでいたことでもあると気づくでしょう。(そこにはもちろんお約束の罪悪感がついてきますので、こんなに話を聞いてもらって良いのかなぁ、などという気持ちも起こってきてしまいますが。汗)
しかしこの体験を持ち続けてカウンセラーのサポートを得ることで、自分は大事にされる価値があると感じることができたり、自分の本当の気持ちが見えてきたりするのです。

エンパスや繊細な方というのは人や物やグループの持つ『エネルギー』に敏感なので、本当の自分を見失う状態が作られやすくなります。私はどこ?私は?をしっかり気づくことはとても大事ですし、誰がなんと言おうとそれはちっとも悪いことではないのです。

それは声を大にして言っておきたいですね。

counselor

 

人から好かれるけど疲れやすい、繊細で生きづらいのはエンパス体質かも

donkycouple

さて、エンパスとはエンパシー(共感能力)の高い人のことです。

私もつい7年前に知った言葉ですが、もっと早く知っていたら私(エネルギーとお友達のエンパスと自覚中)の人生はもっと楽だったろうなぁ~と思っています。

★混乱を避けるためにここでは勘の良い人とサイキック能力のある人に関しては外してお話します。(勘の良い人の一部はエンパスである可能性は高いですね。又、エンパス能力をよりよく発揮した先にはサイキック能力につながっていく可能性は高いと思います)

総じて言えることはエンパスはエネルギーに敏感なのです。

おおまかにエンパスの特徴として、

  1. 人の感情や思い、エネルギーを受け取る(共感)タイプ
  2. 人や物の痛みを自分自身の体で感じるタイプ
  3. スピリチュアルなものへの親和性が高いタイプ
  4. 未浄霊や魂の集合意識からの感情や思考を受け取るタイプ

があります。

1の共感能力が高いと、人からよく相談されたり、相手の聞き役にまわりがちで、自分自身の気持ちも相手の気持ちや感情に左右されたりということが起こり、とても疲れやすくもなります。

2の体感型も、個人差はありますが、これらの性質を理解していないと、よく分からないけどなんだか疲れやすいという状態になります。

3のスピリチュアルなものへの親和性が高いタイプというのは現代社会を生き抜くために自分自身がスピリチュアルや霊的な世界を抑圧している場合は、この能力に気づいてないことが多いですが、

スピリチュアルなものへの苦手意識などが弱まれば、そういったものからの恵みを大いに受け取り、トレーニング次第で安心感や大丈夫感が増していったり、良いオーラを纏い、現実の生活に生かせるようになります。

エンパスのタイプ分けにはっきり分かれている人もいますが、混合型の方も多く存在すると思われます。

4の未浄霊や魂の集合意識からの感情や思考を受け取るタイプというのは実は時としてすべての人に当てはまるかもしれません。

エンパス体質の方は 共感する=(ある意味)体や心を自分ではないものに乗っ取られる状態 になりやすいので、特に大きなストレスに晒された時や、ネガティブな感情でいるような不安定な時は要注意です。明らかな特徴としては乗っ取られると目つきが変わりますが、自分では少し気付きづらいでしょう。

ここまで読んでいただくとお分かりのように、

エンパスは自分以外のものに共感することでそれらの感覚、意識、感情を「自分事」にしてしまうのです。

これはエンパスは自動的(無意識)に行ってしまうので、自分の感覚や感情などが、本当の自分のものかそうでないのか、を見極めることがとても大事になります。

日々、自分自身を観察してみてください。

まずは見極めができると少し楽になりますよ♪

エンパス体質とのお付き合い、応援しています!

関連記事:

エンパスであることのメリット・デメリット

A photo by Roberto Nickson. unsplash.com/photos/7BjmDICVloEcounselor

 

エンパスであることのメリット・デメリット

 

donkycouple

エンパスである方が私のカウンセリングを受けに来られますが、エンパスと自覚している方よりも圧倒的に自覚していない方の方が多く、それ故に苦しんでおられる方が多いです。

私もエンパスなのですが、自分がエンパスであることに気づき自覚するのとしないのとでは、人生が天と地ほどに変わります。

一つ私の過去の体験をご紹介します。

私が小学5年生の時、クラスである男の子が突然泣き出しました。その子がどうして泣いているのかという理由がみんな分らず戸惑っていました。

そこで私が

「〇〇という理由で悲しかったんじゃないの?」

と聞いてみると男の子は無言でうなずいたのですが、その場にいた先生が

「なんでそんなことが分かるんや、すごいなぁ」

と言ってきたことがありました。

その時の私は”なんで逆に分からないんだろう?”と思っていたのです。

エンパスにも種類はありますが、人の感情や気持ちが分かってしまうエンパスは、(小5の時の私のように)他の人も同じように人の感情や気持ちが分かるものだと思い込んでいることがあります。そうでないことは意識しておいた方が良いでしょう。

さて、エンパスであることのデメリットはおそらく多くあります。

  1. 疲れやすい
  2. 弱い人だと思われやすい
  3. 繊細で扱いにくいと思われやすい(自他ともに)
  4. 人の機嫌や精神状態に左右されやすい
  5. グループの場や場所のエネルギーに影響されやすい
  6. 他人から受け取った感情や感覚に気づいていないと、無駄に混乱してしまう
  7. 人の言葉と言語外のシグナル(やエネルギー)の不一致に混乱してしまう
  8. 自分自身が信じられなくなる
  9. 嘘を見抜くので、人に対して嫌な人だな・苦手な人だなと思ってしまうことが多い
  10. 他人のためだけに頑張って何かをしてしまう

などですが、タイプによっては当てはまらない部分もあるでしょう。

では、エンパスであることのメリットですが、

  1. 共感力が高いので人に寄り添うことができる(これは大きなギフトです)
  2. 人を助けてあげることができる
  3. 危険な人を察知することができる
  4. 宇宙的な大いなる愛を感じることができる
  5. 良いエネルギーの場所・人・物が分かる
  6. ↑それらを大事にすると幸福感が高まる
  7. 自分の感覚を他人やグループのために使えると大きな気づきが場に生まれる
  8. 人の気持ちや感覚を感じる能力をカウンセラーやヒーラーなどの仕事に生かせる(又その他の仕事に積極的に生かすことができる)

などです。いかがでしょうか?

エンパスの能力は使いようです。上記のメリットをメリットとして受け入れるためには、自分の感覚や直感を信じるということがまず大事になってきます。

ある意味面倒なエンパスの能力は使いこなさないと正直ろくなことがありません。

そこにはコツがいります。

又、デメリットも大きいため、生き方や人間関係における工夫や対処もとても大事になります。

カウンセリングでは、そのあたりもクライアントさんそれぞれのタイプや性格に基づいてアドバイスやワークを行っています。

自分自身のエンパスという性質と上手に付き合っていきましょう!

A photo by Roberto Nickson. unsplash.com/photos/7BjmDICVloEcounselor