毎月一日開催カレンデュラカフェ『死を語るということは生きるを語るということ』 

詩-Poem-

『カレンデュラ畑で荷物を降ろして』

あなたの背中にある荷物には何が入っていますか?
長年ずっとそこにある大切なものから
少しずつ増えて行ったもの
最近入れたもの
今日は背中の荷物を降ろして紐をほどいてみせてください

あなたはずっと山を登ってきましたか?
上り坂がつらくて休んでいましたか?
それとも荷物が重くてうまく歩けませんでしたか?
早く上に行かないと、進まないとだめだと思っていますか?
それとも道に迷っていますか?

今日は湖に立ち寄ってお弁当を広げましょう。
カレンデュラがたくさん咲いています。

あなたのバッグの中の、あなたの特別なものはどんな形をしていますか?
どんな大きさで、どんな状態ですか?
あなたのバッグの中の上の方にありますか?
それとも底の奥にありますか?
それは大きくなって重たくなっていますか?

あなたのバッグが底から破れる前に
上から取り出して少し日の光を当ててあげましょう
それをゆっくりみんなに見せてください
あなたがここちよい範囲で

手にとって見ると久しぶりに触れたということに気づくかもしれない
上の方にあるものなら、出しやすいかもしれない
あなたのものとわたしのもの、とても似てるように見えるけれど形は少し違っていたり、
わたしのものとあなたのもの、全く違うようでも色は同じだったり、

お日様にあてて、バッグに空気を通して、
お菓子を食べながらなら、少し見れるかもしれない
あなたの心地よい範囲で

湖のそばの休憩タイム
癒しのハーブ、カレンデュラが見守っています。


2020.9.デスカフェ見本市/デスカフェウィーク参加時の事例報告紹介 (1:00~カレンデュラカフェのなりたちや特色・ワーク紹介をしています)

★ご興味があれば是非ご覧ください。

母との思い出を書いたブログ記事 もう君を教えることはできない、からの飛躍

自然療法のホメオパシーと共に祖母との思い出を書いたブログ記事 あの世とこの世をつなぐもの

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。